どこゆきカウントダウンー2020ー

2020年7月24日、東京オリンピック開会のファンファーレが鳴りわたるとき…には、《3.11》震災大津波からの復興を讃える高らかな大合唱が付いていてほしい。

明日から、また、お休み、いただきます

-No.0869-
★2016年02月07日日曜日
★《3.11》フクシマから → 1795日
★ オリンピック東京まで → 1629日

*寒中見舞いの挨拶ハガキにまじって、訃報が一通ありました。高校の大先輩の坊さま(僧侶と呼ぶよりご本人にはふさわしい)が、昨年暮れ、赤穂義士討入の12月14日に〈お浄土へ〉旅立たれていたのでした。ぼくは、生まれついてからこのかたの自身のスタンス、斜にかまえるというか、まともに深刻にはうけとめないように歩んできましたから、あらためて諸行無常を思うことはありませんでしたけれども…。この半年ばかりは、アレコレめまぐるしいばかりのことが、それこそ走馬灯のごとくに駆け巡ってすぎたものですから。さすがにシンと、しずまった気分。その去来、こころして自然にあるべく、みずから〈片づく〉ための旅をまたひとつ、してくることになりました。明日から週末までの5日間…その間に想ったことなどは、また後日、お話しさせていただきましょう。行ってきます*