どこゆきカウントダウンー2020ー

2020年7月24日、東京オリンピック開会のファンファーレが鳴りわたるとき…には、《3.11》震災大津波からの復興を讃える高らかな大合唱が付いていてほしい。

ドライビング・エクササイズ

★2013年10月30日(水曜日)
★《3.11》フクシマから →  964日
★オリンピック東京まで → 2459日



 きょうは、これから静岡県袋井市の「命山」を見に行ってくる。
 もうじき浜名湖というあたりまで、町田のわが家から片道およそ200キロ、往復400キロ。
 一日がかりのドライブになる。

 したがって報告は明日以降、として。

 ロングランのときの気分転換法に、ぼくはあるエクササイズを採り入れている。
 「エクササイズ」は健康・美容などのための運動だが、別に「練習・練習問題」の意味があり、ぼくは学生時代の試験対策を連想させられるから、いまだにどうも好きになりにくいコトバではあったけれども…。

 ひとつは腹筋をひきしめる運動。
 といってもいわゆる“腹筋運動”、上下方向の腹直筋を動かすわけにはいかないので、腹横筋をグッと左右にひきのばすようにする。
 高速道路では注意が必要だけれども、一般道ならほとんど問題ない。これがキク。
 ぽっこりしたがる腹を引っ込めるのによく、眠気覚ましにも効果抜群。

 もうひとつが、笑顔のエクササイズ。
 口周りの筋肉を、上・下・左・右へ細かく動かす。
 ついでに喉の(嚥下)筋肉、老化予防エクササイズ。
 思いっきり大口を開いて、できれば声にしてメロディーを奏でられれば、なおいい。これにはフシギとアメリカ国家「星条旗よ永遠なれ」があう、ニッポンの国家「君が代」だと喉に痞えてゲホッとなるからうまくないのだ。

 おすすめする、おためしあれ。
 ただし、この“笑顔と喉首”のエクササイズは、状況をこころえてやらないと他人には迷惑だから気をつけること。
 ぼくは一度、このエクササイズをやりつつコンビニの駐車スペースに車を乗り入れ、入れちがいに出て行く女性ドライバーの爆笑を誘って危ないところだったことがあるのダ。
 (この場面、想像するだけでも笑えマス)

 それでは…。

*写真は、イマージュ*