どこゆきカウントダウンー2020ー

2020年7月24日、東京オリンピック開会のファンファーレが鳴りわたるとき…には、《3.11》震災大津波からの復興を讃える高らかな大合唱が付いていてほしい。

“オリンピック入場券”詐欺…早すぎる横行

★2013年10月25日(金曜日)
★《3.11》フクシマから →  959日

★オリンピック東京まで → 2464日

 「これでオリンピック入場券がもらえる」
 なんて誘い文句の投資話とか、株の儲け話なんかが、巷にはもうかなり横行しているという。
 オリンピック組織委員会さえ、まだ立ち上がってはいないのに。
 まんまとこんな甘言にノセられてしまう人が、少なくないことに。
 開いた口がふさがらない。
 かなり(緩んでるよなぁ)と想う。
 緩褌(ゆるふん…とよむ)だが、この話くわしくは後日させてもらうことに。

 いい気なもんだよ〈安倍ひとり舞台〉ムードの国会では…。
 ほんのサワリの一節ふうに新国立競技場の建設話がとりあげられ、下村東京オリンピックパラリンピック担当相が約3000億円に上るという建設費の試算を明らかにし、「あまりに厖大」すぎるから縮小する考えであることを示した。
 前にはたしか、1300億円くらいなんてソロバンもありましたっけネ。
 やっぱ、そんなにかかるんだぁ。
 “莫大な借金かかえた背伸び暮し”誤魔化さないで、よーく考えようぜ。