どこゆきカウントダウンー2020ー

2020年7月24日、東京オリンピック開会のファンファーレが鳴りわたるとき…には、《3.11》震災大津波からの復興を讃える高らかな大合唱が付いていてほしい。

「パラ・チケ」あたった……わずか〈1セッション〉だけど!

-No.2207-
★2019年10月07日(月曜日)
★11.3.11フクシマから → 3133日
★ オリンピックTOKYOまで →  291日
★旧暦9月7日、上弦の月・半月
(月齢8.7、月出13:59、月没....:....)


ラグビー・ワールドカップ、一次リーグA組の日本は、対サモア戦に38-19、これで3連勝。強化の成果は、これまでの弱点だった、タックルやスクラムのパワー勝負にヒケをとらなくなったこと、目を瞠るばかり。これで初の8強入りが見えてきて、愉しみなことになってきた!!!




◆ドキドキ〝打ち上げ花火〟のごとし

 たかがチケット1枚に…いいトシ喰った(年輪かさねた)年寄りが、いまさらドキドキなんたるこった!
 …と思っても、しょうがないんだ、自然と血が騒いじまう。

 ぼくは、〈ファン〉とか〈追っかけ〉とか、とは、一線を画す者である。
 長蛇の行列に並んで待つ、ほどのテンション熱はない、から。
 ネットの「公式チケット販売サイト」に申し込み、抽選に運を天に託すしかない。
 いうまでもない、「オリ・パラ観戦チケット」だ。

 ぼくは、くじ運がイイ…方ではない。
 オリンピックの一次抽選にハズれた、しかもじつは、申し込み自体が受け付けられていなかったことが後でわかって、再抽選のチャンスも失われた。

 その前には、いま盛り上がっているラグビー・ワールドカップの、釜石鵜住居復興スタジアムのチケット抽選にもモレている。
 以上のことは、すでに、このブログでも報告してきた。

「オリ・チケ」が〝スカ〟に終わったとき、すぐさま「パラ・チケ」にネライを切り換えた。
 …というか、ホントは「オリ・パラ」両手に花をもくろんでいたので、雪辱戦であった。

 9月はじめに受付が始まると、「オリ・チケ」の失敗があったので、慎重の上にシンチョウを期して。
  ①陸上競技
  ②ボッチャ
  ③車いすラグビー
  ④車いすバスケットボール
 以上、4セッション8枚のチケット、申し込み。
 「承りました」のメッセージを受けて、とりあえず、1回目の花火〝打ち上げ〟ぶじ成功。

 1ヶ月後の結果発表を待つ間に、想ったのは。
 はじめは…こんどは、ひょっとすると(全勝かも)の甘い予想。
 つぎには…1年前イベントあたりからの盛り上がり、認知度アップも実感されるにおよんで、でもまぁ、オリンピックほどのことはあるまい、と望みをつなぎ。
 直前には…ぼくの選んだセッションがいずれも、人気あるいは注目される種目だったことをやや後悔、ほかの競技にも申し込んでおくべきだったか、と不安になる気分を、懸命にふりはらう。

 そうして、10月2日(水)、抽選発表。
「オリ・チケ」のときのアクセス殺到、抽選結果を知るページへたどり着くのにかなりの時間がかかったこと想って、その日1日はグッとコラえて翌日。

「公式パラリンピックチケット販売サイト」へはすぐに通じて…ヤッタぜ当選!
 しかし、望みがかなったのは、4分の1の陸上競技2枚だけ。あとの3セッション(ボッチャ、車いすラグビー車いすバスケットボール)はいずれも落選した。
 でも、まぁ、これでドキドキ2回目の花火〝打ち上げ〟にも成功。
 
 ぼく、思うに。
 やはり人気競技にはクジ運およばず、キャパ(入場可数)の大きな新国立競技場の分だけに、わずかな幸運がほほえんでくれた…ものらしい。
 (あらためて〝パラ人気〟に脱帽!)

 それよりも、チケット入手には、まだハードルがのこっている。ドキドキのあとのハラハラ。
 以下、ドキュメントふうに。

 ・2日。さっそく購入手続きに入る…も、「チケット利用規約」の承諾チェックの「次へ」に移れず。
 ・はじめは、これもアクセス混雑の所為かと思い、画面が変わるのを待つ…も、進捗ナシ、アテンションもなく、何度トライしても同じことの繰り返し。直訴やむなし。
 ・3日。問い合わせも、電話の応対はなくて、メールのみ。送信すると、「順にお答えするが手続き期限までに間に合わないこともありうる」とオドされる。
 ・4日。朝、不安な気分を胸に、いつものようにメールを開くと、「販売サイト」からメールが入っている。このへん、さすがに「オリ・チケ」ほどの混雑・混乱はないことを想わせる。
 ・文面によれば…「アクセス・ページを画面拡大しているのではないか、ふつう(100%)の画面表示にもどせば〈次へ〉ボタンが見えるはず」と、簡潔な回答、指示。(なんだぁ、そうかょ)
 ・指示にしたがって再トライしたら…あとはスンナリ! つまり、この場合は、ぼくのパソコン扱いがヨクなかったわけ。しかし、自己弁護するつもりはないが…ぼくのようなケースは、ほかにもあったのではないか?

 ともあれ
 購入手つづき完了、支払いも済んで、来年5月にチケットが郵送されてくるのを、待つのみ。
 あとは、天変地異とか驚天動地とかの、一大事がないことを祈るのみじゃ……