どこゆきカウントダウンー2020ー

2020年7月24日、東京オリンピック開会のファンファーレが鳴りわたるとき…には、《3.11》震災大津波からの復興を讃える高らかな大合唱が付いていてほしい。

ことし…どうする(前) /            旧暦と月齢、1週2散歩、執筆・上梓

-No.1934-
★2019年01月07日(月曜日)
★11.3.11フクシマから → 2860日
★ オリンピックTOKYOまで →  564日
★旧暦12月02日 → ☆繊月、二日月
(月齢1.4、月出07:33、月没17:44)












◆ことし…どうする

 なに、年が明けてスッパリ考えた…わけじゃありません。
 昨年も暮れてきてからアレやコレや思いめぐらせ、メモっておいたのを、大晦日の夜に見なおして眠り、元朝、目覚めて(よっしゃ!)とキメたまでのこと。

 ぼくは<不言実行>タイプではなし、<有言実行>と言うには面映ゆいばかりの、言ってしまって(しょうがない)からヤルまでのこと、なんですが……

 正月2日。出掛けの東天には、吉兆。
 左三日月に寄り添うようなかたちに、明けの明星(金星)。

 初詣の箱根神社にパンパンと拍手〔かしわで〕うって、みずからに言い聞かせてきました。

◆①記事トップに「旧暦」と「月齢」

 これは、ご覧のとおり。
 昨年末に新年からの採用を決め、カレンダーも「月齢」のものを購入しました。
 季節のめぐりを、より身近に感じたかったから。
 なれるまでは少々やっかい…ですが、新鮮。
 思ったよりも、いい気分です。

◆②1週2散歩

 隔週の「心リハ(心臓リハビリテーション)」をつづけながら、たりないぶんの運動を心がけます。できれば、春からは目標「隔日お出かけ」。
 出かける時間のとれないときには、室内でのスクワット&スロトレ

◆③童話『とんびのヨロロ』、東日本大震災・被災地東北遍路の記録『二人三脚…七転八到…ひと九ぎり』の上梓

 出版のカタチから、従来の枠にとらわれず考えてみます。
 遍路の記録は、準備にかなりの時間がかかるものと思われ、出版は来年にずれこむかも知れませんが……

◆④「家内片づけ」と「減災家治」

 これについては、明日あらためて、お話します。