どこゆきカウントダウンー2020ー

2020年7月24日、東京オリンピック開会のファンファーレが鳴りわたるとき…には、《3.11》震災大津波からの復興を讃える高らかな大合唱が付いていてほしい。

《11.3.11》被災地東北2018福島・巡礼/ <報告記08>-富岡町①-夜ノ森の「復興拠点」構想

-No.1825-
★2018年09月20日(木曜日)
★11.3.11フクシマから → 2751日
★ オリンピックTOKYOまで →  673日


*《11.3.11》から8年目の福島巡訪は、7月17~19日(1次)と23~25日(2次)でした。既報の<報告記>は8月5日から25日までにお届けしました。間が開いてしまってごめんなさい。再開します*


*9月15日に、樹木希林さんが75歳で亡くなりました。乳癌が全身に転移(みずから公表)しての早世(…と言いたい)。ぼくの二つ年上の姉さんと同い年。そのせいではあるまいけれど、「気がついたら傍に居た」タイプの、肩の凝らない、いい「下町っこ」役者さんでした。メソメソしたところがなくて、まわりをメソメソさせずに逝きました。惜しい(いまだにウソでしょ…って気がするくらい)けど、惜しまないことにします。<じょうずな生き方>を教えてくれました……*










◆「夜ノ森」

 …の地名、というより常磐線の駅名は、ぼくの記憶の襞にクッキリと刻みこまれている。
 それは、九州にある「夜明」駅(大分県日田市、日田彦山線)と好一対をなす駅名だったから。

 しかし
 「夜明」駅の方はすでに訪れていて、1972(昭和47)「片道最長切符」の旅で待合室に泊めていただいたこともあるのだ、けれども…「夜ノ森」駅の方には、まだそのチャンスがなくてすぎた。

 そうして後の…東日本大震災
 放射線量の高い〝ホットスポット〟になった夜ノ森地区は、ジュラルミンバリケード〝竹矢来〟の中に囲いこまれ……
 そうしてボクの、《11.3.11》被災地東北行脚<定点ウォッチ・ポイント>のひとつになっていた。

 「夜ノ森」駅から東、有名な桜並木のある通りをふくむ地域は、8年目を迎えるいまも「立入禁止」。
 許可なしには通行も許されない「帰還困難区域」だ。

 西の山側は、いま、ようやく本格的な除染が始まったところ。
 ジュラルミン〝竹矢来〟のバリケードが撤去され……
 ことし行って見ると、錆びた(列車の運行はまだ復活していない)レールのつづく線路わきでは、町の測量が始まっていた。

 ここ夜ノ森、駅西側の約390ヘクタールは、早期の避難指示解除を目指す「特定復興再生拠点区域」(復興拠点)になる(同じうごきは、双葉、大熊、浪江の3町にも)。
 計画では2020年、オリンピックの前までに生活環境を整備、復興拠点の避難指示を解除。
 27年度末までに、帰還困難区域(約1600世帯、4800人)をなくす、という。

 ……………

 かつて
 「夜ノ森」の駅前は、富岡町でもゆたかな住宅街。
 町の1割強の地域に、およそ3割の住民が暮らしていた。

 ……………

 計画では
 今後5年で除染をすませ、まず復興拠点内を住めるようにし、10年内には町内全域での避難指示解除を目指す、という。

 が…現実は、避難指示が解除された地域もふくめていまだに放射線量が高く。
 町の人口も、原発爆発事故前の5%ほどにとどまっている……

 ……………

 ぼくが生きているうちに
 夜ノ森の桜並木を、なんの不安もなしに、こころ愉しく歩ける日が、来るのかどうか。

 でも、焦らないでほしい。
 功を焦って、住民は置いてけぼりの<前のめり>にだけは、ならないでほしい。