どこゆきカウントダウンー2020ー

2020年7月24日、東京オリンピック開会のファンファーレが鳴りわたるとき…には、《3.11》震災大津波からの復興を讃える高らかな大合唱が付いていてほしい。

8月31日(金曜日)6日目…宮城から岩手へ


-撮影/冨喜子-


昨日30日、断続する驟雨のみじかい晴れ間。
大河、北上川の河口に近い、石巻市立大川小学校跡……

ここだけは、一度も、立ち寄らずに通り抜けたことがありません。
ここだけには、かつて1度も、人の姿の絶えたことがありません。

この日も、語り部ガイドの説明に聞き入る生徒たち、そして、子を連れて訪れた親たちの姿がありました。

ここは……“聖地”になろうとしています、が……
「悲惨の責任を問う」裁判も、まだ、終わってはいない。
将来に永い怨みをのこすか、どうか、いずれにしても“聖地”への道のりはまだまだ遠い、でしょう。

……………

昨夜の宿りは、岩手県に入って陸前高田
かつての名勝、千本松原の浜を見おろす箱根山テラス。
夜半から、秋迎えの雷鳴とどろく、目の醒めるような空模様です。

………………

「バイオメタンで聖火を!」の協力お願いは、女川小学校にしてきました。
(大川小学校は廃校になりました……)