どこゆきカウントダウンー2020ー

2020年7月24日、東京オリンピック開会のファンファーレが鳴りわたるとき…には、《3.11》震災大津波からの復興を讃える高らかな大合唱が付いていてほしい。

《11.3.11》被災地東北巡礼2018/      第1次<福島>遍歴に出発

-No.1759-
★2018年07月16日(月曜日、海の日
★11.3.11フクシマから → 2685日
★ オリンピックTOKYOまで →  739日



*「中食〔なかしょく〕というのがある。コンビニなどで買った弁当そのほか「持ち帰ってすぐに食べる食品」のこと。なかには、買ったその同じ店内に「中食コーナー」が用意されているケースも少なくない。この感覚が、ふだん「家庭食(内食)」のボクなんかにはなかなかシックリと腑に落ちなかったのだが、《11.3.11》の巡礼遍歴行脚をつづけるうちに、やっとナットクがいくようになってきた。食事処のテーブルにつく「外食」が(いまのご時勢で)ヨイとはかぎらないし、「中食」の質も以前とはくらべものにならないほど向上したからだ。「外食」と「内食」の中間だから「中食」……。ところで、「中食」には「ちゅうしょく」なる読み方もあって、するとこれはつまり「昼食」と同じことになって紛らわしい。ボクは言葉の由来をだいじにしたい派なので、提案したい。「昼食」を「ちゅうじき」と称することにして、「朝・昼・夕」食のうち家内では手をかけない、ファストフード形態の食事を「なかしょく」と呼んではどうか。「どっちでもいいじゃん」てんじゃ、文化ってもんが、根なし草にはぐれちまうじゃないですか。*


◆明日から2回にわけて、《11.3.11》2018福島巡礼に行ってきます。このたびの「西日本豪雨」災害にも心配は尽きないのですが、ぼくにとって一生の大事、「東日本大震災」東北のこともまだ終わってはおりません。
  ……………
◆このたび遍歴のテーマは、「復興の手掛かり足掛かり」。
◆帰宅後の休養と資料整理をすませて、「報告記」が始まるのは8月1日(日)以降からになります。