どこゆきカウントダウンー2020ー

2020年7月24日、東京オリンピック開会のファンファーレが鳴りわたるとき…には、《3.11》震災大津波からの復興を讃える高らかな大合唱が付いていてほしい。

…[隔日]連載の記事は明日です…

-No.1629-
★2018年03月08日(木曜日)
★11.3.11フクシマから → 2555日
★ オリンピックTOKYOまで →  869日



*「そだね~」で銅メダルのカーリング女子、ロコソラーレ北見の選手が北見に帰って大歓迎を受けました。これでオホーツクの春もいくらか早くなるかも……。ところで、彼女たちが「もぐもぐタイム」のときに、「美味しい」と頬ばっていた韓国産のイチゴ。その映像を観てボクは「あれっ?」と思った。ずいぶん韓国のイチゴもできが佳くなったな…と。もっといえば、そのイチゴ、まるで日本産のような気がした。それほどに日本産の野菜や果物は、他国産にくらべてなにしろデキが「やさしい」。さらにいえば、あの《11.3.11》以来、宮城県亘理町から北海道伊達市へ〝移住生産〟した農家の人たちを応援するうちに、ぼくは自然、イチゴに興味をもちあれこれ知識も深められたせいで、だんだんにイチゴのことがワカッテきたせいもある。じつは、優秀な日本のイチゴ品種改良に目をつけた韓国に、無断で優良な苗がもちだされているという話しは、前にもあった。韓国との関係がしっくりしない、いま、心配ごとのひとつになるのを懸念しています。*