どこゆきカウントダウンー2020ー

2020年7月24日、東京オリンピック開会のファンファーレが鳴りわたるとき…には、《3.11》震災大津波からの復興を讃える高らかな大合唱が付いていてほしい。

子どもの頃「追われて見た」赤とんぼ…が〝思いこみ〟脳の原点だった!?

-No.1614-
★2018年02月21日(水曜日)
★11.3.11フクシマから → 2540日
★ オリンピックTOKYOまで →  884日



◆〝思いこみ〟たがる脳

 上掲のマーク、認知率はかなり高いのではないか。
 とくに、ドライバーには馴染みが深い。
 ほとんどのドライ―にとって運転席から見馴れた点景、職業ドライバーのなかには「じぶんがいつも運転してる車」の人も多かろう。

 このマークの車が道路に目立ちはじめたのは、1970年代に入ってからだったろうか。
 このマークが付いているは、大小はあっても、そのほとんどがジュラルミン色の〝箱型〟だ。

 ……………

 ぼくは、この「フルハーフ」という名称を視覚し、知覚した初めっから「トレーラー」のことと認識していた。
 勝手な〝思いこみ〟だが、〝確信〟してしまったのだからどうしようもない、あらためて調べてみようともしなかった。

 それはきっと、「トレーラー」という特殊車両の圧倒的な存在感による。
 なかでも車体の長大な「フル・トレーラー」。
 みずからがドライバーになってからは、リムジンあるいは〝SP〟級の要注意な存在、タンクローリーの比ではない。
 
 そこからが〝思いこみ〟のおそろしいところで。
 長いのが「フル」なら、半分くらいのはとうぜん「ハーフ」であろうと、これも勝手にきめている。
 (正式な車両名称に〝ハーフ・トレーラー〟というのは存在しない、〝セミ・トレーラー〟である)

 ぼくは、こうした〝思いこみ〟知識のうえに、さらに、「日本フルハーフ」というのは「トレーラー」という車種を〝象徴〟とする物流専門の車両製造メーカーにちがいない、とする〝思いこみ〟を、なんの疑いもなく重ねたわけである。
 ぼくは「フルもハーフもおまかせ!」とヨンだのだ、勝手に。

 ……………

 子どもの頃。

 『赤とんぼ』(三木露風作詞、山田耕筰作曲)という童謡の歌詞。
   〽夕やけ小やけの赤とんぼ
    おわれて見たのはいつの日か

 この「おわれて」を、「負われて」ではなく、「追われて」と〝思いこんで〟いた。
 このワケを解きほぐすと…幼いボクは、母さんだか誰だかの「背なかに負われて」赤とんぼを見たのではない、もうすでに、いっちょ前に網をふりまわしながら「追っかけて見て」おり…そこで突然…こんどは「追われる」赤とんぼの身になりかわって懸命に、夕陽に翅を光らせ、スイスイと網をかわしながら翔んでいる…のだった。
 そう、勝手に。

 しかも、この〝思いこみ〟、いま子どもの頃といったけれど、ホントをいえばずっと青春時代まで確信してすごし、あるとき、子どもたちのキャンプ・インストラクターをつとめて、皆んなと口ずさんでいるうちに…ハタ…と気づいて内心大赤面した、というのが真相である。

 …………… 

 そうして。
 「日本フルハーフ」の場合は、なんと半世紀ちかくの時をすごして。

 つい近ごろ、朝の通勤時間帯に車を運転していたら、信号待ちになり、目の前に見覚えのあるジュラルミン色、箱形の物流トラック。その肩口のおなじみのマークの、横文字部分が陽光にチカッと輝いて(おや…)と思った。
 「FULL-HALF」じゃない!?

 「FRUEHAUF」じゃないか!!
 家に帰って調べてみると、「日本フルハーフ」という会社は、アメリカ「FURUEHAUF」社の技術を導入、日本軽金属いすゞ自動車との出資で1963年に設立されたものであった。
 名の由来の主オーガスト・フルハーフはデトロイトの鍛冶屋さんで、初めて「トレーラー」を作った人とのことだから、ぼくの〝思いこみ〟もあながち無理ばっかりとはいえないのだ、が。

 ……………

 ぼくは、ここしばらく前から、そっちの方面につよく関心がむいて、脳に関する本をよく読む。
 最近では気鋭の神経生理学者、池谷裕二さんの『進化しすぎた脳』(講談社ブルーバックッス、2007年)を興味深く読ませてもらった。

 なかでも「運動神経と引き替えに、知能を発達させた」人という指摘がおもしろくて、その伝で素人の勝手な解釈をさせてもらえば。
 脳というのも、これも個々多様な生物とつきあう都合上からか、その機能にはかなり勝手なものがあって、〝思いこみ〟なんかもそのひとつ、みたい。省エネか、疲労の回避のためか、予測・先読み的なはたらきもする、らしい。

 ……………

 そんな脳と愉しくおつきあい、していくためには。
「あっ…いま、アンタ(わが頭脳のこと)、〇〇なんて思いこもうとしたでしょ、ジョウダン、よしてくださいょ」
 てな具合に〝図星〟でいければいいんでしょうが、ねぇ……