どこゆきカウントダウンー2020ー

2020年7月24日、東京オリンピック開会のファンファーレが鳴りわたるとき…には、《3.11》震災大津波からの復興を讃える高らかな大合唱が付いていてほしい。

《3.11》2014晩夏の巡礼-2日目-①いしのまき寺子屋/「げん木かい」寄金を寄託に訪問

-No.0381-
★2014年10月07日(火曜日)
★《3.11》フクシマから → 1307日
★オリンピック東京まで → 2117日








 9月5日、金曜日。

◆“ハートの復興タグ&ペンダント”寄金を募って「げん木かい」

 https://www.facebook.com/genkikai.TA

 爺っちゃ婆っちゃ活動をスタートさせたのが、今年の初め。
 目的は「被災地の子らに教育支援を」だった。
 もっぱら縁者・友人・知人を頼りの、個人的な募金呼びかけにはかぎりがあって、意気込みほどの成果は上がらなかったけれども、皆さんからいただいたご厚志の寄託先が決まったのが、この夏。

 「いしのまき寺子屋」を運営する「東日本大震災圏域創生NPOセンター」。
 そちらの活動の実際を確認に、初夏、ぼくたち自身が寺小屋の子らと親交を深めさせてもらうため、夏休み「木工&手芸教室」を開きにでかけました。
 (もちろん、この費用は寄金とは別途、ぼくたちの自前)

 そのときの模様はすでに、このブログでも報告したとおりです。
http://draft-scat.hatenablog.com/entry/2014/08/18/%E5%AD%90%E3%81%A9%E3%82%82%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%81%AE%E3%82%A8%E3%83%8D%E3%83%AB%E3%82%AE%E3%83%BC%E3%81%AB%E3%83%9C%E3%82%AF%E7%87%83%E3%81%88%E3%82%AB%E3%82%B9%E3%81%A8%E3%81%AA%E3%82%8B%EF%BC%8F
http://draft-scat.hatenablog.com/entry/2014/08/20/%EF%BC%90%EF%BC%98%E6%9C%88%EF%BC%92%EF%BC%90%E6%97%A5%3C/span%3E%EF%BC%88%E6%B0%B4%E6%9B%9C%E6%97%A5%EF%BC%89%EF%BC%8F_%E3%80%8A3.11%E3%80%8B2014%E5%A4%8F%E3%81%AE%E5%B7%A1%E7%A4%BC%E3%83%BB

 今回の訪問は、寄金の寄託、お届けに。
 もう学校は二学期が始まっていたので、寺小屋の子どもたちには逢えませんでしたが、代表の高橋さん、事務局長の太田さんとしばらく歓談。

 とにもかくにも、この夏の教室でボクらのことは、子どもたちに承認されたようですからホッとひと安心。「これからもヨロシク」ということで、石巻を後にしました。

 来年の夏は、子どもたちに野鳥の「巣箱」を作ってもらおうかと考えています。
 アウトドアとのつながりが、なにより子どもたちにはたいせつで、しかも仮設での生活がつづくいまはそれが、なかなか難しいことでもあるからです。


facebookページ「げん木かい」への寄託先決定報告、以下に再録します。

【お知らせ】します。
          ☆
 今年1月から、皆さまにお願いしてまいりました「ハートのペンダント寄金」。
 8月31日をもって一区切りとし、寄託先も決めさせていただきました。
 寄金額・内訳詳細などは、下記のとおりです。
 ありがとうございました。
 篤く御礼もうしあげます。
          ☆
 9月5日、《3.11》2014初秋の巡礼の途次、石巻市の寄託先(下記)に立ち寄り、贈呈してまいります。
 その報告は、後日、させていただきます。

         ★ ★ ★

《Tohokuと あしたへ》復興タグ&ペンダント寄金  
“寄託先”決定のご報告

 ご寄付いただいた皆さま、ご厚意ありがとうございました。
寄金の受付に、ひとまず今夏で区切りをつけ、寄託先を決めさせていただきました。

 これを始めるにあたっては、もう少し多くのご協力をいただけるものと思っておりましたが、あいすみません、私どもの力不足でした。

 下記のような結果、すでに実績もあり協力者・後援組織もしっかりした大きな支援団体よりも、 “草の根”的に地域に密着して活動をされているところの方が、この寄金の寄託先にはふさわしかろうと考えるにいたりました。
 ご了承ください。

 なお、寄金の口座は、まだ復興ままならない《3.11》被災地の現状を想い、また新たな活動の展開にそなえて、いましばらく開設しておくことにいたします。
 よろしくお願いいたします、ありがとうございました。
          
 (さまざまな課題の多い世の中ですが、いちばんの“根っこ”は、子どもの頃のすごし方、差別なく育つことができなければいけない、と思います)

          【記】
〇寄金額 / 110,000円(明細は※1)
〇寄託先 / 東日本大震災圏域創生NPOセンター
(詳細は、別紙※2)

※1寄金明細 ペンダント売上/計248個×@1,000円= 248,000円

  (内訳)  ○寄付金/ 248個×@350= 86,800円
        ○材料運営費(@300円)からの拠出金= 23,200円
計110,000円

        ○ペンダント製作費/248個×@350円= 86,800円
○材料運営費(寄付金へ拠出の残額)= 51,200円
計138,000円

※2「東日本大震災圏域創生NPOセンター」について
 ○原点は<地球温暖化防止活動推進員>。
 ○メンバーの2名が活動中の石巻被災、避難所運営にあたった
の をきっかけに、新たな活動をはじめました。
 ○東日本大震災からの復興・自立に寄り添う、活動の中心「子ど
も」をすえ、子どもたちの健全な成長を見守りながら、その家
族・地域の新たな創生を目指しています。
 <連絡先>
 〒986-0873宮城県石巻市山下町2-2-48太陽ビル1号館2階
 <ホームページ>
  http://www.kensoumura.org/
フェイスブック・ページ>
  http://www.facebook.com/nobuyuki.takahashi.733
       
                             以上